☆ハルカ☆ブログ

生活&育児お役立ち情報

肺気胸の入院費用はいくら?入院期間、治療内容は?

f:id:haruka_michi:20190507235944j:plain
今回は私が初めて自然気胸で入院した時に実際にかかった入院費用や入院期間、治療内容について書いていきます。
突然の入院!一体いくらかかるの!?と不安になりますよね。ぜひ参考にして頂ければ嬉しいです。 

スポンサーリンク



▪️入院時の患者プロフィール

性別:女性
年齢:37歳

▪️入院時の病状

病名:右肺気胸
気胸レベル:中等度

▪️入院期間、治療内容▪️

入院期間:6日間
治療内容:胸腔ドレナージ(ドレーン)処置のみ

退院1週間後に通院が1度あり、その時にドレーン挿入部の抜糸をしました。

▪️入院費用▪️

金額:79,450円 3割負担

↓実際の領収書です。
名前や病院名などの個人情報は伏せてあります。

胸腔ドレナージだけでこの費用…
やはり入院は高額ですね!
私は入院した時に入院費用がいくらになるのか検討もつかず不安で、すぐに健康保険組合から高額療養費制度の「限度額適用認定証」を取り寄せました。今回は、我が家の自己負担限度額以下であったため使用しませんでした。(が、後に再発し結局使うこととなりました。)
この「限度額適用認定証」は入院した場合、すぐに取得することお勧めします。退院時の会計で提示すれば、自己負担限度額以上は支払わずに済みます。退院時に間に合わなくても後日申請すると限度額以上の金額は返ってきますが、退院時には一旦支払わなければなりません。手術をした場合や入院が長引いた場合などは数十万円という請求額になることもありますので、一時的な立て替えと言っても大変になりますよね。
そして私の場合、今回の入院費用は加入していた2つの医療保険で全額カバーできました。
普段は全く存在感のない医療保険ですが、役に立ちました。

スポンサーリンク

 


1回目の気胸は胸腔ドレナージ処置のみで回復しました。が、なんと『再発率50%』と言われ、なんだか不安な気持ちを残して退院しました。
そして不安的中!
退院後たった1ヶ月で再発し再入院、手術となりました。胸腔ドレナージは見た目もショッキングで、挿入時のなんとも言えない苦痛、挿入中の痛みも強く、体の自由も奪われ本当に苦手です。
もう2度と御免だと思った1ヶ月後、また経験することとなり、想像していた以上に早い再発にやり場のない悔しい思いでした。


関連記事はこちら↓
www.haruka-michi.com
 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク