☆ハルカ☆ブログ

生活&育児お役立ち情報

全ての大人に読んでほしい 母子手帳裏に書いてある児童の権利「児童憲章」

皆さんは「児童憲章」をご存知でしょうか?母子手帳の裏にも書いてありますが、両親共にしっかりと読んだというご家庭は多くないのではないでしょうか。保育士や幼稚園教諭など児童に関わる資格を持っている方は、必ず勉強しているものでもあります。

f:id:haruka_michi:20190820005536j:plain

テレビやネットのニュースで毎日のように取り上げられる児童虐待。親からによるもの、保育園の保育士からによるもの、学校の教師からによるもの、児童養護施設の職員からによるもの、どれも信じがたい耳を塞ぎたくなるような子供に対する虐待のニュースばかりです。

いま一度、全ての大人に読んでほしい。そんな願いを込めて、今回は「児童憲章」についてお話しします。

スポンサーリンク
 

児童憲章とは

児童憲章は、1951年5月5日に制定された、日本国憲法の精神に基づき、児童に対する正しい観念を確立し、すべての児童の幸福を図るために定められた「児童の権利宣言」である。

 

児童憲章全文

われらは、日本国憲法の精神にしたがい、児童に対する正しい観念を確立し、すべての児童の幸福をはかるために、この憲章を定める。

児童は、人として尊ばれる。

児童は、社会の一員として重んぜられる。

児童は、よい環境の中で育てられる。

1 すべての児童は、心身ともに健やかにうまれ、育てられ、その生活を保証される。

2 すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもって育てられ、家庭に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。

3 すべての児童は、適当な栄養と住居と被服が与えられ、また、疾病と災害からまもられる。

4 すべての児童は、個性と能力に応じて教育され、社会の一員としての責任を自主的に果たすように、みちびかれる。

5 すべての児童は、自然を愛し、科学と芸術を尊ぶように、みちびかれ、また、道徳的心情がつちかわれる。

6 すべての児童は、就学のみちを確保され、また、十分に整った教育の施設を用意される。

7 すべての児童は、職業指導を受ける機会が与えられる。

8 すべての児童は、その労働において、心身の発育が阻害されず、教育を受ける機会が失われず、また、児童としての生活がさまたげられないように、十分に保護される。

9 すべての児童は、よい遊び場と文化財を用意され、悪い環境からまもられる。

10 すべての児童は、虐待・酷使・放任その他不当な取扱からまもられる。あやまちをおかした児童は、適切に保護指導される。

11 すべての児童は、身体が不自由な場合、または精神の機能が不充分な場合に、適切な治療と教育と保護が与えられる。

12 すべての児童は、愛とまことによって結ばれ、よい国民として人類の平和と文化に貢献するように、みちびかれる。

 

子供には親からだけではなく、全ての大人に守られる権利を持っているのです。親の義務、大人の義務、子供の権利、決して忘れてはいけないですね。子供は社会の一員、1人の人間、大人から傷つけられることなどあってはならない保護されるべき存在なのです。

どうか、痛ましい児童虐待がなくなりますように。

 

おすすめの記事はこちら↓

www.haruka-michi.com

www.haruka-michi.com

 

スポンサーリンク