☆ハルカ☆ブログ

生活&育児お役立ち情報

ヘルパンギーナを発症!突然の高熱!症状や発症からの経過は?

f:id:haruka_michi:20190804222836j:plain

ヘルパンギーナは主に夏に乳幼児を中心に流行する、夏風邪を代表するウィルス性の疾患です。現在、東京都では患者数が警報基準を超え、大流行しています。

我が家は神奈川県在住ですが、3歳の幼稚園年少の娘が夏休みに入りすぐにヘルパンギーナを発症しました!特効薬は無く、熱が完全に下がるまで7日間かかり、かなり厄介なものでした。

スポンサーリンク
 

 

それでは、発症からの経過や、症状について詳しく書いていきます。

 

【発症1日目】

昼間咳が出始め、夜に咳が酷くなり眠れない状態になる

夜中から39度を超える発熱

【発症2日目】

午前中に病院へ行き、喉が赤く水泡があることから、ヘルパンギーナと診断される

特効薬はなく、痰切りの薬と解熱剤(とんぷく)が処方された

【発症3日目】

朝起きた時点で平熱になる

鼻水が酷くなり、咳もひどい

本人いわく、喉の痛みは無い

食欲はあり、元気もある

夕方から明け方にかけて40度を超える高熱がでる

【発症4日目】

朝は37度と微熱

鼻水と咳が酷くでる

食欲と元気はある

夕方から明け方にかけて39度を超える高熱がでる

【発症5日目】

朝から38度以上の高熱

鼻水と咳が酷くでる

元気はあるが、食欲がなくなる

解熱剤が無くなったため、病院へ行くとあと2日高熱が下がらなければ、他の病気も疑い検査することをすすめられる

【発症6日目】

朝は平熱

鼻水と咳が酷くでる

元気はあるが、食欲はない

夕方から37.5度の微熱がでる

【発症7日目】

朝から夜まで平熱

鼻水と咳が酷くでる

元気はあるが、食欲はまだない

スポンサーリンク
 

 

熱が上がったり下がったりするのは、ウィルス性の風邪の特徴でもあるそうです。発症から9日経った現在も、熱は下がったものの、酷い咳と鼻水がとまりません。

予防法はとにかく手洗いうがいを徹底することだそうです!

あぁ、楽しみにしていた初めての夏休み。残念ながらスタートから一週間、自宅にこもることとなりました。

 

こちらは6歳までによくかかる病気の症状やホームケアのコツから、予防接種や健診の疑問、事故の予防と救急ケア、 薬の説明、アレルギーのことなどがオールカラーで網羅された大変おすすめの一冊です!↓

 

おすすめの記事はこちら↓

www.haruka-michi.com

www.haruka-michi.com

スポンサーリンク